暮らしブログ【こはるのおうち手帖】はこちらからどうぞ

吐くのが怖い。吐かれるのが怖い。そんな私は、嘔吐恐怖症。罪悪感を抱えて生きる

嘔吐恐怖症

こんにちは、こはるです!

 

皆さん、苦手なものや怖いものは人それぞれあると思います。
高いところが苦手、暗闇が怖い、閉所が無理・・・本当に、さまざまなキッカケから怖いものって生まれるんですよね。
それは小さい時からかもしれないし、トラウマ級の出来事を経験したなら大人になってからという場合もあるかもしれません。

私はというと、重症の爆音恐怖症です。
大きな音が怖い、というつらい気持ちは以前別記事で猛烈に語っています。

参考 大きな音が怖い私の、自分との付き合い方。爆音恐怖症を抱えて生きる日々こはるのおうち手帖

 

そんな私にはもう一つ、とても苦手でとても怖いものがあります。

それが嘔吐

 

私は嘔吐恐怖症。これはもう、何度遭遇しても本当に慣れない。
この記事では、今までなかなか口に出せなかった思いを、つらつらとつづっていきたいと思います。
もし、もし同じような気持ちの方がいらっしゃれば、私の心苦しさもちょっと救われるかな。

 

吐くのが怖い

嘔吐ってとても苦しいですよね。胃のムカつき、あのこみ上げる感じ、逆らえない感じ。
私は吐くのがとっても怖いです。

小さい頃に経験した嘔吐が本当に苦しくて、吐きたくないのに身体がそれに抵抗できない。身体が言うことをきかない。のども鼻も痛い。苦しい。それが怖くて怖くて仕方ありませんでした。
また、中学校の頃には学校で突然吐いてしまったことがあり、恥ずかしくて苦しくて情けなくて、それも大きなトラウマとなりました。

「つわり」という恐怖

大人になってからというと、妊娠した時に真っ先に不安になったのが「つわり」でした。
知り合いに、一日中吐き続けるほど重症のつわりで入院された方がいらっしゃったので、それがずっと頭にありましたね…。
私の場合は眠気がひどいタイプのつわりだったのですが、やはり気分が悪い日もたくさんありました。妊娠出産は本当に自分の身体が大きく変化しますし、経験したことのないことの連続でしたね…

ちなみに、陣痛時にものすごい吐き気に襲われました。もうめっちゃ必死に耐えました。何だったんだあれは。最後の最後であれはつらいぞ。

 

胃腸炎になって絶望しかけた

体調不良で嘔吐した経験は誰でもあると思います。特に感染性胃腸炎や嘔吐下痢、お腹の風邪など、幼少期だけでなく大人になってもかかる機会のある病気はたくさんありますよね。

私もこれまでノロウイルスと思われる胃腸炎や胃腸風邪など経験することがありました。本当にね、無理。
もうね、下痢ならまだ許そう。落ち着くまでトイレに座っていようじゃないか。
吐き気、そして嘔吐はね、ダメ。もう勘弁していただきたい。だって本来と逆のルートやで!?なんで上がってくるんですかね!?ダメなの!!口はごはんを食べるところ!!ヴェーーって出すところじゃない!!(落ち着け)

何度も何度も「これはアカン、吐く」と思ってトイレまで這って行きましたが、でも怖くて吐けないんですよ。必死に耐える。
恐怖のあまり、吐くことをわたしが拒絶している。全身を震わせながら忌々しい吐き気を耐え続けるのです。本当にね、無理。(2回目)

 

吐かれるのが怖い

自分が吐くのが怖いだけじゃなくて、吐かれるのも怖いです。むしろこっちの方が厳しいかもしれん。

私は嘔吐している人を見るのも怖いんですよ。汚いとかじゃなくて、怖い。
汚いのは汚い、そりゃそうだ。そうじゃなくてね~~~何て言ったらいいんでしょう、吐いているその姿が怖いし、吐いている音も怖いし、吐いている人が出す声も怖いんですよ。

嘔吐処理ができなくて仕事を辞めた

実はむかーしむかし、結婚式場で働いていましてね。それはそれは酔っ払いさんが続出するんですよ。当然吐く人もいるんですよ。
それが無理で仕事を辞めました。

真っ青な顔をして手で口を覆って走っていくおじさんを何度も見ました。
「ロビーが大変なことになっています!!手伝えるスタッフ来て!!」みたいな無線が耳に飛んでくるんですよ。ごめん、手伝えんかった。
婚礼の日は後片付けが地獄でした。好きな仕事だったけど、それだけが耐えられなかった。

 

介抱できない罪悪感

前述の通り、吐いているその姿が怖いし、吐いている音も怖いし、吐いている人が出す声も怖いので、もし目の前で吐いている人がいてもきっと怖くて私には介抱できません。足がすくんで、きっと駆け寄れない。恐怖で泣き始めると思います。

自分の子どもはだいぶ慣れました。慣れました、というか、やるしかないからね。でももし夫さんが吐いていても助けられるか不安です。
それくらい怖いんです。子どもたちが涙目になりながら嘔吐している姿も正直耐えられない。かわいそうで苦しそうで。

 

よくニュースやSNSなどのエピソードで「嘔吐している人を介抱していた」などと耳にすると「勇気があるお優しい方だな…!」と思う一方「私には絶対無理なんだろうな」というとてつもない罪悪感に襲われて、自分が情けなくて情けなくてたまらなくなります。

吐きそうな人や吐いている人を見ると、頭の中に危険を知らせるサイレンのようなものが鳴り始めて、汗が噴き出すんです。
焦って焦って、冷静でいられなくなります。心の中で「ごめんなさい」を繰り返しながら、後ずさりしてしまう。そんな自分に後ろめたさというか、つらいものを感じます。

 

怖いもんは怖い

だから私は、あまり飲み会なども参加できないのですよね。酒のあるところ、嘔吐の気配あり。
なんでも適度に、がいいと思うんですよね。記憶を失うくらい飲むとか、飲みすぎて吐くとか、もう本当信じられない。すんません。

本当に、吐いている人を見ても手を差し伸べられない時は、罪悪感に襲われます。でも怖いもんは怖いんです。しゃーない。

 

高所恐怖症の方は高いところが怖い。先端恐怖症の方は尖っているものが怖い。みんな、いろんな怖さを抱えて生きているんだと思います。

私もそう。私は大きな音が怖い。そして、嘔吐が怖い。

恐怖症って、平気な人にはぜんぜん平気なものなので、なかなか理解してもらえません。そこがツライよね。私の爆音恐怖症の記事には、「周囲に理解されなくてつらい」というコメントが多数寄せられています。みんな、同じような苦しみを抱えて生きてるんだ。

私は自分がこういうものを抱えていますが、それを受け入れて、自分と周りを大切にしていきたいと思っています。

同じような方、いるのかな。
もしいらっしゃったら、私もだよ、って声を掛けたいです。

なかなか克服できるようなものではない恐怖症。「こういう人もいるんだよ」というお話でした!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA