暮らしブログ【こはるのおうち手帖】はこちらからどうぞ

プラグイン「SiteGuard WP Plugin」でWordPressのログインURLを変更しよう

有刺鉄線

こんにちは、こはるです!

 

ブログを書くための管理画面はとても大切なもの。
不正アクセスや不正ログインによって、データの改ざんに遭ったり大切な情報が流出したりするのはとても怖いです。

それを日頃から防ぐために、できる対策はいろいろと行っておきたいもの。
私も色々な対策を実施しています。

 

その中の1つがプラグインを使用したログインURLの変更。

今回は「SiteGuard WP Plugin」というプラグインを使ったログインURLのカスタマイズについてご紹介します。

守ろう、大切なWordPress!

注意

プラグインインストールにあたっては不具合が発生することもありますので、バックアップをお忘れなく!

また、稀にログインページにアクセスできないなどのトラブルが発生することがあるようですので、自己責任でお願いいたします。

 

WordPressのログインURL初期値

一般的に、WordPressの管理画面へは
「サイト(ブログ)のURL/wp-login.php」

というURLでログインすることができます。

 

例えば「https://test.com/」というサイトであれば
「https://test.com/wp-login.php」がログインURLですね。

何も設定変更していない場合ですと、ブログのURLの後ろに「wp-login.php」を付ければ管理画面のログイン画面が表示されるはずです。

 

ログインURLがバレてしまうと不正なアクセスの危険にさらされますし、ユーザー名とパスワードが盗まれた場合不正ログインを許してしまうわけです。恐ろしや。

 

SiteGuard WP PluginでログインURLを変更

不正アクセス・不正ログインを防ぐために、プラグイン「SiteGuard」を使って管理画面のログインURLを任意のものに変更してみましょう!

注意
設定においては、変更後のログインURLを忘れないようご注意ください。

また、設定は自己責任でお願いいたします。

 

プラグインのインストール

SiteGuard Wp Plugin

まずはプラグインをインストールしましょう。

「Siteguard」でキーワード検索すると表示される「SiteGuard WP Plugin」をインストールし、有効化します。

こはる

更新もこまめにあり、互換性も確認済み。安心して使えそうですね。

 

ログインURLを変更

SiteGuardではセキュリティに関するさまざまな設定が可能です。
必要に応じて設定されることをおすすめします。

SiteGuard WP Pluginの設定項目

 

今回設定しておきたいのは「ログインページ変更」の項目。

SiteGuardのログインページ変更設定

ログインページを任意の文字列に変更することが可能です。

デフォルトは「login_5桁の数字」が表示されていますが、お好みのものに変更しましょう。

 

変更が完了したら、実際にログインページにアクセスして試してみてくださいね!

 

備えは万全に!大切なブログを守ろう

「SiteGuard」を使用すれば手軽にログインページのURLを変更できます。

ログインページ変更だけでなく、画像認証の設定をしたり、ログイン失敗時のロック設定をしたりすることも可能。
じょうずに設定して、大切なブログを守っていきましょう!

こはる

ログインページURLと合わせて、ユーザーIDについても確認しておきましょう!

ゆこさんのブログがわかりやすいですよ。

参考 Edit Author SlugでワードプレスのユーザーIDを隠すゆころぐ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA